穴熊狩専門

b0107195_20395940.jpg


ミニチュアダックスフントの本来の仕事は表題の通り。

今となっては(愛玩犬)として年間登録数がトップだったと記憶している。
もちろん田舎沖縄と言えど穴熊など存在せずこやつも我が家で足掛け4年(愛玩犬)とし生活している。

ダックスフントには(スタンダード)(ミニチュア)(カニヘン)と3種の区別がありそれぞれに体重の制限がある。が、あくまで血統書の上の話。
スタンダードはまったくの別犬種と言っても過言ではないほどでかい。
しかしミニチュア、カニヘンの区別が大変あいまいで繁殖者の一存で決められているのが殆ど。

(うちのダックスはミニチュアだから5kg以内にしないといけないの)
(うちのダックス、ミニチュアって言われて買ったのに8kgにもなった。だまされた。)
上記の様な話をたびたび耳にする。同時に何時逝ってもおかしくないようなやせ細ったダックスが脇で恨めしそうに飼い主を見ている。

いくら規定とは言え結局生き物。個体差だってあるさ。その犬にあった食事量にしてあげようよ・・
[PR]
by yokoyu1239 | 2006-11-12 20:41 |
<< 沖縄のあり方 処方箋 >>